シミの原因となるメラニン色素の発生を抑えるハイドロキノンは、加齢によって発生した目立つシミを改善することが出来ます。美容に気を使う女性にとってはぜひ使いたい医薬品の1つです。当サイトではそんなハイドロキノンについて詳しく説明していきます!

  • ホーム
  • ハイドロキノンを使うなら紫外線に注意

ハイドロキノンを使うなら紫外線に注意

きれいな肌を持っている女性

女性の肌の悩みで多いのが、シミです。
薄いシミであれば、美白用の化粧品でも改善することは可能です。
しかし、徐々に濃くなってしまった頑固なシミは、なかなか薄くなりません。
濃いシミは、コンシーラーを使っても完全に隠すことは難しいです。
メイクアップでシミを隠すのではなく、根本からシミをなくしたい場合、ハイドロキノンを使った治療方法があります。
ハイドロキノンは、ブルーベリーやイチゴなどに含まれており、強い漂白作用があります。
シミは、基底層の周辺にメラニン色素が沈着してできます。
ハイドロキノンは、メラニン色素を作るメラノサイトの働きを抑制し、シミを改善していきます。
ハイドロキノンは、アメリカでは昔から使われていた成分ですが、最近では、日本でもシミの治療薬として人気があります。
ハイドロキノンは、できてしまったシミを薄くするだけではなく、これからできるシミを予防することもできます。
使い方は、1日2回シミの部分に塗るだけです。
老人性のシミの場合は、綿棒の先などに少量取ってシミの部分に塗っていきます。
ハイドロキノンは、安全な成分ですが、合わない人もいます。
ハイドロキノンを使用している時に炎症などのトラブルが発生した場合は、すぐに使用を中止して医師に症状を診てもらった方がいいです。
また、強い紫外線を浴びてしまうと、シミが濃くなるケースもあるので、外出する時は、日焼け止めを塗り、紫外線を浴びないように気をつける必要があります。
ハイドロキノン治療の治療期間は、約3ヶ月です。
トレチノインクリームを併用して治療すると、より効果的ですが、トレチノインクリームを併用する場合は、レーザー治療の併用はできなくなります。

サイト内検索
人気記事一覧